土地、建物で不動産担保ローン

どうしてもお金が必要なとき、個人も法人もまず銀行での借り入れを考えます。

銀行で借り入れできない場合、消費者金融等で借り入れを考えると思いますが、大きな金額を借入したい時には無担保・無保証人では借入できません。

保証人をつけて借り入れを行うか、担保をつけて借り入れを行うことになります。

保証人をつけて借り入れを行う場合、もしも、自分が返済できなくなった時、相手の方に迷惑をかけることになります。

出来れば、自分が持っている土地や建物を担保に借り入れを行う方が安心です。

土地や建物を担保にして借り入れを行うことを、不動産担保ローンといいます。

自分が所有している土地や建物、またご家族の同意が得られれば、家族所有の土地や建物などを担保に大きな金額を借入できます。

銀行等では、もしも支払が滞ったり、返済不能という状態になった時でも、建物や土地を担保に持っていますので、その土地や建物を売買することで貸したお金を取り戻すことができます。

不動産担保ローンを扱う銀行等では、個人以外、法人でも利用できる商品がありますので、大きな費用が必要になった時、不動産担保ローンの契約を相談してみましょう。

イチオシ不動産担保ローン情報サーチで読んだのですが、不動産担保ローンは即日融資も可能、資金用途が問われないといったメリットも色々あるようです。

ただし、返済できないとなれば、自己所有の土地や建物を金融機関等に担保として取られてしまいますので、特に建物など今家族が暮らしている住宅などを担保に入れる場合には、慎重に決定することが求められます。

信用貸しではなく担保があるということで大きな費用を借入できますが、その分、デメリットも大きいということを理解しておきましょう。