無担保、有担保とは

銀行のカードローンや消費者金融のカードキャッシングのカードなど、無担保で借り入れできるローンも多数ありますが、借り入れをされる方の経済的信用情報によって借り入れできる金額、また借り入れできるか、審査されます。

担保も保証人もない状態で借り入れを行うため、その方の信用情報のみとなりますので、審査をしっかり行う必要があります。

こうした審査は個人信用情報機関という個人の債務状態を網羅しているところを確認し、その方の経済的状態によって貸付をしても大丈夫かどうか決定します。

債務状態と借り入れを行う方の職業の情報、年収、勤続年数、住宅の状況などを確認し、貸し付けを行うかどうかを判断します。

つまり無担保ローンは信用貸し、ということです。

返済の保証がないため、利息が高くなります。

また消費者金融等で借り入れを行う場合、総量規制という法律があり、年収の1/3を超える借り入れができません。

不動産担保ローンは有担保ローンで土地や建物を担保にして借り入れを行う方法です。

所有している土地や建物を、銀行等貸し付けを行うところが審査し、金額を設定し、その建物等の価値によって貸付金額が決まります。

担保があるため、利息が低く、大口融資が可能です。

無担保の場合、借り入れをする人の信用によって借り入れできるかどうか、その金額がいくらか、ということが決定し、有担保の場合、担保とする建物や土地の価格によって借り入れできる金額が変わります。

不動産担保ローンのような有担保は、保証人がいない分人に迷惑をかけることもありませんし、もし支払できなくなった場合でも、担保物件があるため、貸付してくれた方にも迷惑をかけずに済む、という方法です。