借り入れ条件を知ろう

不動産担保ローンを利用する際の借入条件はどのようなものでしょうか。

これは銀行など不動産担保ローン商品を提供しているところによって違いがあるので、一般的な条件をご紹介します。

年齢ですが、通常、満20歳以上で完済時に満75歳以下である、という条件があります。

無担保ローンと同じように安定して継続した収入があることが条件です。

また、不動産担保ローンを利用する場合も、保証会社の保証を受けられることが条件となります。

資金使途も不動産担保ローン商品によって違いがあります。

原則自由ということがほとんどですが、法人などが事業資金として利用する場合、使途を明確にする必要があります。

保証人は原則不要、そのため、保証会社の保証が必要となりますが、借り入れを行う人によって、保証人を付けてほしいといわれる場合もあります。

こうした手続きには各種手数料がかかります。

保証委託事務手数料や印紙代、登記費用、さらに残高証明発行や利息照明発行などいろいろな書類があります。

こうした条件がありますが、各金融機関によってそのほか条件が提示されることもあります。

借り入れを行いたいと思ったら、まずこうした商品情報を確認し、金利や条件等、自分の状況にあった金融機関を選び借り入れの申し込みを行うようにしましょう。

また借り入れをする際には、返済計画をしっかり立てておくことが必要です。

いくらずついつまで返済するのか、期間や金額をだし計算してみて、返済がきつくならないようにしておくべきです。