返済できない時担保不動産は?

不動産担保ローンの一番のデメリット、それは、返済できなくなった時、担保となっている土地や建物を失ってしまうという点です。

住宅物件を担保に入れてしまえば、返済不可能となった時点で今家族が暮らしていても、そこを出ていかなければなりません。

不動産を失ってしまうということは、安定した暮らしができなくなるということなので、計画的な返済をしっかり考えて利用することが必要なのです。

不動産担保ローンで担保になっている建物は、抵当権、もしくは根抵当権の設定登記が行われます。

この設定登記によって融資をした銀行等は、不動産を売却し売却した代金で債権を回収するということになっています。

通常、不動産担保ローンの契約時よりも担保価値が下がってしますため、返済できなくなり不動産売却となっても、債権回収に間に合わない金額となれば、不足分については債務者が支払うことになります。

建物などの価格は年々落ちていきます。

かなり年数が経過してから、返済が滞るようになり、いよいよ不動産を手放すという状態になってしまったとき、価格がかなり低くなっていることもあり、不足分が非常に大きくなることもあります。

メリットが多く魅力的な不動産担保ローンですが、もしも返済できないとなれば、大切な資産を失うことになるばかりではなく、不足分の支払いに苦しむことになるということを忘れてはいけません。

利用する際には、本当に計画的長期に返済を行うことができるのか、スケジュールを組んでおくことが重要です。

おすすめページ≫資産価値はどちらが高い?マンションと土地付き一戸建てを徹底比較 | 住まいのお役立ち情報【HOME’S】