ここだけ!のぼりの特ダネ情報image
サイトマップ

コンテンツ

既製のぼりの“安い値段”はどれくらいから?

既製のぼりとは、のぼり店のサイトにあるサンプルをアレンジなどで活用すること。しかし低価格にはそれなりの前提条件があるので心得ておきましょう。

オリジナルデザインのぼりを、激安で済ませたいときは?

既製のぼりはサンプルをアレンジするだけで済んでも、オリジナルのぼりは完全入稿データが前提に。ソフトに慣れていれば希望はクリアできます。

のぼりのサイズで、大きいのはどれくらいまでありますか?

のぼり旗の大きなものは、旗部分が3.3メートルにも達します。目立ちはしますが、突風や豪雨の多い昨今、安全性に疑問が残ります。

多めの枚数を注文しても、のぼり旗の色褪せ・劣化は大丈夫?

のぼりの劣化は生地やインクの質と同時に、のぼりを立てる環境や保管のあり方によっても違ってきます。2つの側面と保管を考えましょう。

のぼりの作成や印刷で、高級や高品質などのグレードはあるの?

のぼり旗にも高級路線や高品質はあっていいはずですが、耐用期間が3カ月ののぼりには、必要以上のレベルよりコスト優先の慣習があります。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント