ここだけ!のぼりの特ダネ情報

オリジナルデザインのぼりを、激安で済ませたいときは?

既製のぼりはサンプルをアレンジするだけで済んでも、オリジナルのぼりは完全入稿データが前提に。ソフトに慣れていれば希望はクリアできます。
ここだけ!のぼりの特ダネ情報image
オリジナルデザインのぼりを、激安で済ませたいときは?

既製のぼりとは違って「完全入稿データ」が基本となる激安のオリジナルデザインのぼり。

イラストレーターやフォトショップなど、のぼり店の指示をクリアする必要があります。

■オリジナルのぼりの激安の理由は完全入稿データ。

オリジナルのぼりが激安になるのは、既製デザインのぼりを活用するのとは違って、デザインデータの作成をすべて自分で仕上げるという前提が付きます。

一般的には完全入稿データと言って、自作したデータを使ってそのまま印刷してもらえるように仕上げなければなりません。

どのようなソフトを使ってデザインしたらいいか、どのような形式のファイルに保存して渡せばいいかは、のぼり店によって異なります。

■イラストレーター・フォトショップの使いこなしは必須。

普段からイラストレーターやフォトショップを使ってデザインしている人なら、それほどの苦労もなくデータ作成できます。

のぼり店のサイトには、完全入稿データのためのソフトやファイル形式が案内されているので参考にしてください。

のぼりに入れたい画像や地図などは、解像度の高い大きめのものが必要になります。

また画像によっては修正が必要になり、別途料金になる場合があります。

■意外と積み重なってしまう追加料金。

後になってもめ事に発展してしまうケースもあります。

注意しましょう。

色指定の仕方が悪くて希望した色に仕上らなかったり、画像が小さすぎて拡大した結果モアレを起こしたり、またデータの送信時にデータの一部が化けてしまうこともあります。

完全入稿データを作り終えたら、スクリーンショット/ペイントソフトなどを使って、のぼりのデザイン全体を画像にして添付・送信しておきましょう。

もめ事を回避するためには、万全を期す必要があります。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント